保育士独特のトラブルを避けたい

女社会のどろどろな職場。園長先生や先輩保育士とのギスギスした上下関係。保護者の方からの理不尽なクレーム。癒やしてくれるのは子どもだけ!という保育士さんを応援します。

過酷な仕事でもやりたい。保育士のやりがいとは

前回は、保育士の仕事は決して楽しいことやらくなことばかりでない、ということをご紹介しました。

世間でも、保育士の待遇改善や保育士不足などが大きな問題になっており、保育士の仕事について「きつそう」「つらそう」なイメージを持ってらっしゃる方がいるかもしれません。

たしかに、保育士の仕事は過酷な場面が多いです。それでもなぜ、保育士という仕事が人気なのか?保育士を続けたいと思うのか?そんな保育士の思いを集めてみました。

f:id:outreachhoiku:20160830152254g:plain

見直される保育士の仕事

待機児童問題を受け、保育士を増やすために、政府によって保育士に対する待遇の見直しが始まりました。

しかし見直されたからと言って、すべてが改善されたわけではありません。待遇改善のためにお給料に補助金が上乗せされる、という話は出ていますが、現状では、補助金が上乗せされた額でも、一般企業の職種と比べると相当低い水準になったり、そもそも補助金すら受けられない環境で働いている保育士もたくさんいます。

また、施設の風土そのものが、「子どものため」と言いつつサービス残業を助長させるようなものだったり、いわゆる「ブラック」気質である保育園も多く存在しています。

 

長い年月をかけて作り上げられてきたボランティア精神での保育業務を、刷新する必要があるのです。

そのためには、保育士がプロの自覚を持って働き、自分たちの要求を胸を張って主張していくことが求められるのです。

 

保育士の仕事は誇りと喜びに満ちている

現役の保育士は、決して良いとは言えない待遇にも屈しないで、仕事に誇りと自信をもって働いています。

児童福祉は、心が伴わなければ決して成り立たない仕事です。

また見返りを求めず、子どもの喜びや悲しみ、驚きといった感情に寄り添いながら成長を見守ることは並大抵のことではありません。時には自分の感情を押し殺し、子どもたちと向き合っていく忍耐強さも必要になります。

どんな職業よりも誇り高い意志と責任をもって働くのが、保育士なのです。

決して子どもと遊びたいから、子どもが好きだからだけでは勤まらない仕事です。

 

子どものプロとして働く

保育士は本当に素晴らしい職業です。

待機児童問題という社会的問題に直面して、ようやく保育士に対する待遇が見直され始めました。

まだまだ厳しい待遇のなかではあります。

だからこそ、中途半端な気持ちやイメージだけで保育士になるのではなく、また国家資格を持つプロとして現場に立ってほしいと思います。

もしも保育園での待遇が著しく悪く、改善が見込めない場合は思い切って転職することも大切です。保育士の需要が高まっている今、求人数もとても伸びていますので保育士としての転職を考えている方にとってはまたとないチャンスになっています。

施設側が保育士の評価をきちんと認める、そんな保育施設が増えるきっかけにもなるのではないでしょうか。