読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士独特のトラブルを避けたい

女社会のどろどろな職場。園長先生や先輩保育士とのギスギスした上下関係。保護者の方からの理不尽なクレーム。癒やしてくれるのは子どもだけ!という保育士さんを応援します。

日焼け止めなしでも日焼けしない方法を考えた

毎日暑い日が続きますね。

わたしの勤める保育園は、そろそろお盆休みで保育園もお休みに入ります。

子どもたちは元気いっぱい走り回っているけど、私たちはもう暑さでぐったり・・・という保育士さんもいらっしゃると思います。

この季節に毎年悩むのが、日焼けの問題。。。

 

子どもたちと一緒にばたばた走り回っていますから、日傘をさすなんてもってのほかです。

外に出たり室内に入ったりの繰り返しで、日焼け止めを塗り直す時間もありません。

 

早番で出勤した日は、朝の登園時間にはもう日焼け止め効果がゼロ・・・と泣きたくなりますよね。

なので今日は、日焼け止めを塗る時間がない保育士でも日焼けを最大限防ぐ方法というのを考えてみました!

f:id:outreachhoiku:20160809171143j:plain

服の素材に注目

保育士の場合、制服はなしで動きやすい服装で勤務、というのが多いですよね。

私は夏はだいたい吸水性の良い綿のTシャツを着ているのですが、実は服の素材によって日焼けのしやすさは違うそう。

紫外線をよく通す素材=日焼けしやすい

麻、綿など。

しゃりっとしていて心地よい麻や、汗をたくさん吸ってくれる綿がまさかのNG素材です。

紫外線をあまり通さない素材=日焼けしにくい

レーヨン、ポリエステルなど

 

なるほど、と思ったのですが、これらの素材ってあんまり汗すってくれないし、風通しも悪いし、保育士には不向きな気がします。

カーディガンなど羽織ものでとりいれるのが良さそうですね。

あと、これを聞いてピン!と来たのが、某ユニ●ロのエ●リズムがちょうど良さそうです。1枚で着るのはちょっと無理だけど、インナーはこれにして中で紫外線を防御!としてみるのもありかも。

服の色に注意

色によって光を集めやすい、反射しやすい、というのがあるのは有名な話ですよね。

同じことが服の色にも言えるんです。

でも驚くことに、一番日焼けしにくいのは黒色。

濃い色のほうが日焼けをしにくい、ということを覚えておきましょう。

反対に、日光を反射すると思われる白はNG。紫外線を跳ね返してくれるのですが、その跳ね返った光が顔や身体にあたって日焼けしてしまうんです。

薄い色、特に白は、日焼けを防ぎたいなら着ないほうがベターです。

まとめ

結構対策があるんだなあとびっくりしました。これで今年の夏は、半袖焼けや靴下焼けを回避できそうです。

でもやっぱり、日焼けどめを塗るのに越したことはありません。

ちょっとでも塗り直す時間があれば、塗り直す&肌をなるべく出さない、ということに心がけましょう。